株式会社メディカルネットワーク

株式会社メディカルネットワーク > 新着情報 > 私は「本人主体」を大切にします

私は「本人主体」を大切にします

このコーナーでは当社に在籍する自慢の社員をシリーズでご紹介します。
まずトップバッターはメディカルネットワーク指定居宅介護支援事業所 諏訪に所属する溝脇由紀次長をご紹介します。
㈱メディカルネットワークの次長であり、居宅介護支援事業所のケアマネジャーとしても活躍する溝脇さんは一体どんな人物なのか、今回密着取材してみました。

 

<プロフィール>
溝脇由紀 ㈱メディカルネットワーク 次長 ㈱メディカルネットワーク諏訪事業所所属 特養、通所介護、ヘルパーを経て㈱メディカルネットワークに入社。かれこれ14年在籍
血液型:O型

趣味:ポケモンGO! お酒(家で嗜む程度。おすすめは、辛口ハイボール同じ酒類を飲む方)

年末や家庭のイベント事がある時には兄弟親戚みんなで集まるのが楽しみ。

 

 

Q・溝脇さんのお仕事について伺いたいのですが。
A・私の仕事は㈱メディカルネットワークとしてはざっくり言うと戸村部長の補佐になります。事業所の管理や各所長からの相談、人事にも携わっています。メディカルネットワーク諏訪事業所に所属するケアマネジャーでもあるので、通常のケアマネジメントをこなしながらの管理業務です。なので、当番電話の対応にも皆さんと同じローテーションで参加しています。

Q・お仕事で大変と感じることは何ですか??
A・管理業においてはやはり数字ですね。あらゆる数字関連の管理は大変ですよ。あとは人事です。事業所の運営に関わる事とは言え、”人”と関わる事ですから神経を遣いますね。

 

 

 

 

Q・メンタル面について伺いますが、ご自身のストレスケアについてはいかがですか??
A・あまり一人で抱え込まないようにしています。何かあれば周りの皆さんに話すようにしています。

 

Q・ケアマネジャーとしての溝脇さんにお尋ねしますが、ケアマネジメントをしていく上での大切にしている事はありますか??
A・「本人主体」を第一に考えて、本人の思いを大切にしたいと常に思っています。

 

Q・ケアマネジャーとして溝脇さんが目指すものとは何ですか??
A・巷ではケアマネジャー不要論も囁かれています。ケアマネジャーにとっては向かい風の状況になっています。でも実際、ケアマネジャーは決して不要ではないと思いますし、必要不可欠な存在だと仕事を通じて感じ、認識しています。不要論が現実化しないためにも常に研鑚を積むべきであり、その姿勢を崩さない事だと考えています。勿論これは私だけではなく、すべてのケアマネジャーがそうあって欲しいと願っています。

 

Q・医療、介護保険制度が利用者さま、事業所にとって厳しくなっていくことが予測される中にあって、㈱メディカルネットワークの良さ、すばらしさとは何でしょうか。
A・やはり”人”ですね。「人の良さ」に尽きます。
私も皆さんと同じように業務に携わっている上で、他の方も同じように感じていると思いますが、例え私がいなくても周りがフォローしてくれます。信頼を寄せる事ができるので安心できます。

 

 

Q・最後に、溝脇さんの考える㈱メディカルネットワークへの願いやケアマネジャーとしてのビジョンがあれば教えて下さい。
A・介護保険の原理として、また、支援を必要としている方への相談援助や継続した支援、介護保険制度の持続の必要性から事業所の収益確保、安定経営は欠かせない課題と思います。ただ、数字(収益)も大切ですけど、それを度外視してでも公平に関わるべきと考えます。例え軽度者(要支援の方)やサービスに繋がらないようなケース等であっても、真摯に相談業務や対応を行う姿勢が大切だと思います。なぜなら、私たちの業務は相談援助であり、公平中立の原則があるからです。その一つ一つが将来的に㈱メディカルネットワークに大きな信頼を得て、顧客満足を得る事で、さらなる企業の発展に繋がると信じています。ケアマネジャー個人の努力、事業所の知名度、企業の信頼となり、それが呼び水になる事で、「選ばれる事業所」へ発展できるのではないかと思います。

 

取材を終えて・・・

多忙な中、快く取材に応じて頂いた溝脇さん。本当に有難うございました。管理とマネジメント、二足のわらじを履きつつもしっかりメンタルケアもしっかり実践しておられ、公私においても生き生きとした姿が伝わってきました。
今回話を伺って感じた事は「女性の活躍する社会の創造」を安倍政権が推進している現在、企業の内外問わず、組織の中で女性管理職や経営者が、これから先たくさん登場し、生き生きと、たくましく活躍する社会が一日も早く来ることを願いたいと思います。

 

広報委員会 宮山

 

 

 

 

私は「本人主体」を大切にします:関連ページ

感謝の手紙
長崎の平和
ケアマネージャー募集
メディカルネットワークでは職員増員の為、ケアマネージャーを募集しています。
診療・介護報酬改定と介護事業戦略についての講話を受けました。
2016年の診療報酬改定と、2018年診療・介護報酬同時改定を見据えた介護事業の抜本見直しと16年以降の介護事業戦略の講話を受けました。
アンケートをしてわかった介護負担を増やさない5つの工夫とは?
H27年度 ご家族様へアンケートを実施しました。 ご協力いただきました、ご利用者様、ご家族様、ありがとうございました。   ご利用者様、ご家族様が実際に、普段の生活の中で気をつけておられる、5つの工夫をご紹介い […]
メディスポ春号発刊しました。
今回は昨年4月から導入している、サーフェス利用のその後について、 アンケート方式で取材を行ってみました。
長崎市立西浦上中学校の生徒さんから感想文を頂きました
2月5日、長崎市立西浦上中学校の職業講話会に参加し、参加した中学1年生の生徒達から感想文を頂きました。 その中の、お祖父さんが認知症でデイサービスを利用している生徒から 『大変素敵で、なくてはならない仕事』 『利用者や家 […]
㈱メディカルネットワークが“いつも”相談対応に専念できる理由
私たちメディカルネットワークの強みはたくさんありますが、その一つを紹介   ケアマネージャーの業務は、多岐にわたります。   ケアマネジメントは当然の事ですが 他にも・・・ 毎月10日まで、期限付き請 […]
担当のケアマネージャーが不在でも”安心してください”
担当のケアマネージャーが不在の時でも、出勤しているケアマネージャーが対応させていただきます。
デンマーク研修報告・社会福祉制度
福祉先進国である、デンマークへ研修に行ってきました
デンマーク研修報告・森の幼稚園
福祉先進国である、デンマークへ研修に行ってきました